前橋市 黄土よもぎ蒸しとミラクルメイクレッスン                                  ~アラフォーからの女性の美と健康をサポート~

黄土よもぎ蒸しで体とお肌を、ミラクルメイクレッスンで見た目と心をあなたらしく輝かせる♪美意識を大切にしたい女性のためのサロンです

子宮筋腫が見つかって

黄土よもぎ蒸し、さりげなく毎日続けて1週間がたちました♪

 

これまでは週に2~3回、蒸されていたのですが自然と毎日蒸すようになって。

 

 

 

 

不思議なのですが、黄土よもぎ蒸しをはじめたのと、子宮筋腫が見つかったのってほぼ同じ時期で。

 

これも何かの流れだなあーーと感じているのですが・・・・・

 

 

 

 

黄土よもぎ蒸しが子宮に働きかけるもので、

 

私自身が子宮筋腫と向き合うことにもなって。

 

 

 

せっかくですので私の子宮筋腫のお話、ちょこちょこ書いていこうかなーと思います。

 

 

もし、子宮筋腫かな?と思うことがあったり、筋腫を抱えた生活で取り組んだ方がいいことあるかな・・・という方のお役にたてれば、と思っています(^-^)

 

 

 

現在進行形!のお話です☆

 

 

 

 

 

 

・・・とはいっても、発見の経緯とか、最初から書くのはなんだかまだるっこしいので(あとで時系列を追って書きますね)、今日はざっくり(笑)。

 

 

 

 

「筋腫ってどういうものなの?」

 

ということと、

 

「私の今の状況」

 

を、書いていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

まず、子宮筋腫のタイプには3つあって。

 

 

 

◇筋層内筋腫(一番多いタイプの筋腫。筋肉(子宮は筋肉でできています)の中で筋腫が育っていくもの)

 

 

◇しょう膜下筋腫(子宮の外側に向かって育っていくもの。)

 

 

◇粘膜下筋腫(一番少ないタイプだけれど症状が強く表れやすい、子宮の内側に向かって成長していくもの。出血量が多くなりがち。)

 

 

 

 

この、一番少ないけど症状が強く表れやすい【粘膜下筋腫】があることが分かりました。

 

よりによって~~!なヤツです∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

筋層内筋腫もあるのですが、こちらは小さいし特に問題を起こさないので、これだけだったらよかったのですけれどね~~(^_^;)

 

 

 

 

でも、逆に考えると粘膜下筋腫があって、症状がちゃんと出てくれたから病院に行くきっかけとなって、しっかり対応しよう!ということになったので・・・・・

 

大きな目で見れば、よかった、ということになるのかな、とも思います。

 

 

 

 

 

チラホラある筋腫、どれも1~2センチ。

 

たった2センチ。

 

でもね、粘膜下筋腫だと、この2センチが大きな悪さをするそうなのです。

 

 

 

 

で、病院を変えたり様々検査して、7月に手術で粘膜下筋腫を取る予定となっています。

 

 

 

 

とりあえず、これが「筋腫ってどういうものなの?」と、「私の今の状況」です(o^-')b

 

 

 

 

 

 

 

 

あとね~~~、

 

これは声を大にして言いたい!というのが二つあって。

 

 

 

これは今日書いておきたいの。

 

子宮筋腫や生理痛で検索してくれる人が読んでくれたらいいな。

 

 

 

 

☆生理の時、出血量の多い2日目、3日目。

 

ナプキンを取りかえるためだけに、1~2時間置きにお手洗いに行くのは、出血がかなり多い証拠!

 

筋腫や内膜症などあるかもしれないので、早めに病院に行きましょう。

 

 

 

 

 

☆経産婦の方。

 

「お産に比べたら全然マシ~~」といって生理痛を我慢しすぎるのはやめましょう!

 

経産婦は痛みに強くなっているので、その我慢は普通の我慢じゃないかもしれません。

 

生理の時毎回鎮痛剤が必要、あるいは寝込んでしまう、というときは病院に行きましょう。

 

 

 

 

 

 

これね、二つとも過去の私にも言いたいことでもあります(笑)。

 

 

産婦人科などで「出血量は多いですか?」と質問があったりしますが、どれくらいからが多いのかって、よく分からなくないですか?

 

 

 

私は今回、主治医の先生にナプキンを取りかえるためだけに、1~2時間置きにお手洗いに行くのは、出血がかなり多い証拠!と言われてビックリしました。

 

だって、それが普通だったから・・・・Σ(゚д゚;)

 

いつの頃からか・・・という感じだったけど、少なくともここ1年位はそれが普通になっていました( ̄_ ̄ i)

 

 

お仕事の都合もあるかもしれませんが、生理2日目は夜用ナプキンが昼間も必須、という方はかなりこれに当てはまるかと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

あとね、経産婦は痛みに強いのですよ。

 

そして我慢が身についていることも多いのですよ。

 

 

なので「今日寝ていれば大丈夫だからー」と言わず、子宮の中の様子、病院で確認してくださいね。

 

 

 

 

あとで書きますが、筋腫が小さいうちならその分手術も大がかりなものにならずに済むので。

 

 

 

 

とりあえず今日はここまで。

 

またボチボチ、書いていきますね♪

 

 

 

 

 

あと、子宮筋腫に黄土よもぎ蒸しは、温めて筋肉をリラックスさせてくれるだけでもかなりいいのではないのか・・・と体感しています。

 

やっぱね、冷やすと筋肉は固まりますから。

 

 

そこに黄土の遠赤外線とデトックス効果、薬草の効果も相まって、手術までに少しでも筋腫が小さくなればいいな~~と考えています(^∇^)

 

 

 

 

 

 

子宮筋腫って、どうしてできてしまうの?というのは、こんな感じらしいです。以下引用。

 


子宮の壁は、平滑筋という筋肉でできています。

妊娠によって子宮が大きくなったり、出産の時に陣痛が起こるのもこの筋肉が伸縮するからです。

子宮筋腫は、この筋肉層にできた良性の腫瘍で、平滑筋の細胞が異常に増殖したものです。


なぜ、細胞が異常な増殖を始めるのか、その原因はよくわかっていません。

しかし、初経が始まった後に子宮筋腫ができてくることから、おそらく生まれつきもっている「素因」にエストロゲンなど女性ホルモンの影響が加わり、子宮筋腫が成長していくのではないか、と考えられています。


素因は、生まれつきの体質のようなものです。

したがって、一度筋腫を摘出しても、また別の筋腫のタネが育って大きくなるということも、しばしば起こるのです。

 

 

 

 

 

◆この記事の引用元は全てこちらのサイトをお借りしました。ありがとうございます。

 

http://www.jfpa.info/wh/body_information/detail/index.php?aid=46

 

 

 

 

【よもぎ蒸しのご予約お申込みはこちら】


https://reserva.be/yomogi2552reserva.be